診療について

食物アレルギー

食物アレルギーについて

食物が、じんましん、湿疹、下痢、呼吸困難、アナフィラキシーを引き起こすことがあります。これらの症状で、免疫学的メカニズムが関与する場合、これを食物アレルギーと呼びます。
原因となる食物は、乳児期では、圧倒的に鶏卵が多く、牛乳、小麦の順になります。
乳児は、消化吸収の力が未熟で、タンパク質が十分消化されないことから、しばらくの間原因食物を除去することが有効な治療となります。

原因食物を調べるため当クリニックで行っているアレルギーの検査には、皮膚の検査(プリックテスト)と血液検査があります。

プリックテストは、主に6カ月前後のお子様を中心に行っています。皮膚にアレルギーの原因となる成分のエキスをたらし、専用のテスト針で少しだけ傷つけて、赤くなったり腫れたりするかを見ます。痛みがほとんどなく、安全に、その場で結果が分かるので、説得力のある検査です。血液検査では、まだはっきりしない月齢でも、判明することがあります。

血液検査は、もう少し月齢の進んだお子様を対象に行っています。採血で、総IgE値、特異的IgE値などを測ります。数値がはっきり出るので、経過を追っていく場合も用いられます。

上記の検査以外でも、食物日誌(離乳食または授乳中のお母様の食事内容)をつけることで、原因食物が判明することもあります。食物日誌は、除去の状況や栄養状態を見る上でも役立ちます。
食物アレルギーには、食べてすぐに症状が出る即時型と、時間が経ってから症状の出る遅延型があります。遅延型の場合、疑わしい食品を除去し症状が改善するかどうかを見て、判断することもあります。

原因食物が特定できた場合、除去食の指導を行っています。
血液検査で陽性であっても、お子様の年齢や経過により、食物の除去が必要でない場合もありますので、注意が必要です。

最近は赤ちゃんの湿疹から、アレルギーを心配されて小児科医を訪れるお母様が、増えてきました。
湿疹がひどい、離乳食で、卵を含むものを与えたら、全身にぶつぶつが出た、ゼイゼイした。このような症状がみられた場合はご相談ください。

PageTop