診療について

小児喘息

小児喘息とは

喘息とは、咳こんだり、ゼイゼイ、ヒューヒューという喘鳴、呼吸が苦しくなったりすることを繰り返す病気です。
何らかの刺激で、気管支を取り囲む平滑筋が縮み、粘膜が腫れ、分泌物(痰)が増え、気管支が狭くなり、十分な酸素が肺にいかなくなり呼吸が苦しくなります。喘息の発作は、夜から明け方に多く見られます。

3歳以下の小児では、喘息の発作がひどくなると、咳やゼーゼーだけでなく、機嫌が悪くなったり、ミルクや食べ物を吐いたり、泣き叫んで苦しくて眠れない状態となることもあります。
喘息発作は、風邪をはじめとする呼吸器感染症(気管支炎、肺炎、副鼻腔炎など)が、きっかけで起こることが多く、気候の変化(季節の変わり目や、台風など低気圧が近づいている時は注意)、タバコの煙、運動、心理的ストレスなどが影響することもあります。

家族にアレルギーの病気(花粉症、喘息、アトピー性皮膚炎など)が見られることが多く、ハウスダスト、ダニ、動物の毛やフケ等が刺激の原因となったリします。
喘息の診断は、症状や診察所見、家族歴、アレルギー検査など総合して行います。

喘息の治療には、発作を起こした時の治療と、発作を起こさないようにする予防の治療があります。
発作の治療は、ホクナリンテープやメプチン吸入などの気管支拡張剤を使ったり、カルボシステイン(ムコダイン)、アスベリンなどの去痰剤、咳止めを処方します。発作のひどい時は、点滴をすることもあります。

喘息発作がおさまると、子どもは元気になり、一見すっかり治ったかのように見えます。しかし発作が起きた後は、気管支の炎症はひどくなっていて、以前より気管支が敏感になって、小さな刺激で発作が起こるようになってしまいます。このような悪循環を断ち切るために、予防の治療が重要になってくるのです。
予防の治療は、抗ロイコトリエン薬(プランルカスト=オノン、キプレス、シングレア)などの抗アレルギー剤の内服、ステロイドの吸入(フルタイド、パルミコートなど)を行います。

小児喘息の多くは、きちんと治療することで治っていきます。
薬を内服することはもちろん大切ですが、、日頃から風邪の予防をする(手洗い、うがいなど)、規則正しい生活をして疲れをためない、ほこりやダニ対策を行い家庭環境を整える、などを心がけて頑張りましょう。

PageTop