診療について

子宮頸がん予防ワクチン(HPVワクチン、定期接種)

子宮頸がんとは

詳しくは、2020年6月14日付ブログを参照してください。 
子宮頸がんは、子宮の入り口付近に(子宮頸部)にできるがんです。
子宮頸がんになると、治療のため妊娠や出産がしにくくなったり、進行すると命を落とすこともあります。
日本では年間約1万人が診断され、約2,800人が亡くなっていて、近年増加傾向にあります。
特に20~40歳代の若い世代での増加が著しくなっています。
子宮頸がんの原因は、発がん性のあるヒトパピローマウイルス(HPV)の感染です。
若い女性の子宮頸がんの80~90%は、HPV16型と18型の感染によるものです。
子宮頸がん予防ワクチンで予防します。

接種時期と回数

対象は、小学校6年生から高校1年生までの女子です。
ガーダシル:HPV16型と18型に加えて6型と11型に有効な4価ワクチン
  (6型と11型は尖圭コンジローマといって外陰部に良性のいぼをきたすウイルスです。)
  初回接種、2か月後、6か月後の3回接種します。
サーバリックス:HPV16型と18型に有効な2価ワクチン 
  初回接種、1か月後、6か月後の3回接種します。
どちらのワクチンも3回接種することで、HPV16型と18型の感染を100%防ぐことができます。

副反応

このワクチンは筋肉注射なので、他の注射と同じように、注射部位の痛みや腫れがあります。
注射時の痛みや不安のために失神(迷走神経反射)を起こすケースもあります。
対策として、接種直後30分程度クリニック内で安静にしていただきます。
接種の時は必ず保護者の付き添いをお願いします。

PageTop